女性の転職ガイド 女性の転職情報、資格、セミナー活用術

転職する際に問題となる転職回数について説明しています

女性の転職情報

転職回数について

転職する際に、企業が転職を原因に不採用にするという事はあまり無いと言います。しかし、それも2回の転職までで3回以上の転職となると、企業としても警戒心が強くなります。転職者を雇用する事にリスクを感じる様になるのです。

転職経験回数が4〜5回という人材になると、企業としては採用したくないというのが本音で、転職経験回数が6回以上となると企業はその人材を問題ありとして見るようになります。こうなると実際問題転職はかなり厳しい状況となります。やはり転職経験回数は3回までにとどめるべきと言えます。

企業が人材を採用する際、転職回数と並び懸念するのが、各会社への在籍期間です。各会社の在籍期間が短い場合は、企業としても実績を評価しがたいという結果になってしまうのです。この場合もちろんキャリアや年齢の高い低いも関係してきます。

20歳の人の3回目の転職と50歳の人の3回目の転職では、通常キャリアも実績も全く違います。同じ3回の転職経験回数でも、若い年代での転職が多い場合の方が企業は問題視する傾向があります。若者の人は、3回以上転職経験をしている場合、会社が嫌になれば転職すればいいという考えを捨て、将来の目標を明確にし、やる気を見せ、企業に安心感を与える努力をしなければなりません。

女性の転職ガイド コラム

Copyright 2008-2013 女性の転職ガイド 女性の転職情報、資格、セミナー活用術 All Rights Reserved.