女性の転職ガイド 女性の転職情報、資格、セミナー活用術

女性が転職するときの障壁となっている年齢制限について説明しています

女性の転職と年齢制限

女性の転職でも、男性の転職でも共通することですが、転職には、それまでの経験をいかし同じ業界に転職する「キャリアアップ転職」と、まったく働いたことのない未経験の業界への転職「キャリアチェンジ転職」があります。どちらにもいえることですが、年齢がひとつの壁となっています。「キャリアアップ転職」の場合、これまでに培った技術や資格を生かすことができるので、たとえ条件欄に年齢制限の記載があっても、ある程度融通がききます。「年齢35歳まで」とあっても40代の女性が採用されるケースも多く見られます。

しかし「キャリアチェンジ転職」の場合、実務経験がないので、採用する企業側も慎重にならざるを得ません。「年齢35歳まで」と条件が記載されていても、実は30歳までの人しか採用しない企業もあります。これは、未経験の仕事の場合、覚えなければいけない業務が山のようにあるからなのです。仕事を覚える早さや、アドバイスを素直に受け入れ勉強していけるのは、20代までが限界と考えている企業が多いのです。また、企業側の教育担当者が若い場合、新人として入社してきた人が自分よりも年上だと扱いにくいという面もあります。

女性の転職の場合、結婚や出産、育児のことも考えなければならないので、「キャリアチェンジの転職」は男性よりもハードルが高くなります。しかし、あきらめる必要はありません!「この業界、この会社に転職したい」という強い意思があれば道は必ず開けます。女性の「キャリアチェンジの転職」を成功させるには、在職時から転職に必要な資格や技術を習得しておく必要があります。資格があれば採用されるわけではありませんが、面接時にアピールすることができ、自分の強い意志を採用担当者に知ってもらうひとつの材料になります。

Copyright 2008-2013 女性の転職ガイド 女性の転職情報、資格、セミナー活用術 All Rights Reserved.